社長プロフィール

株式会社 匠Lab 代表取締役社長 萩本 順三 株式会社 匠Lab 代表取締役社長
萩本 順三(はぎもと じゅんぞう)

(守の時代)

ユーザ企業にて経理業務を学び、仕訳けに美を感じ、倉庫にもぐりこみ財務諸表の歴史と仕組みを学ぶ。営業・財務システムの導入がきっかけとなり、27歳で IT業界に転身、とんでもないプロジェクトに組み込まれた頃からソフトウェアエンジニアリングに熱中になる。その過程でオブジェクト指向に出会い、オブジェクト指向の開発だけを手掛けるチームを作り開発経験を積みながら、Drop方法論の策定や、Javaベースの分散オブジェクト技術 HORBver2.0の開発リーダを務め、HORBの簡単なプログラミングインタフェースを維持しながら内部アーキテクチャを刷新した。この頃、技術をビジネスにどう活かすか悩みに悩む。

(破の時代)

2000年、オブジェクト指向技術を中心としたエンジニアリングをビジネスに活かす会社として豆蔵を仲間と設立。副社長、CTO、取締役、プロフェッショナルフェローなどを務めながら、ビジネスとITを繋げる手法、要求開発方法論(Openthology)の初版バージョン0.6を策定。また、 Openthology ver1.0では、プロセスとモデルを主に担当し、同じ志を持つ他の理事達と方法論を策定し、現場に拘り続け、要求開発の普及を促進する。現在も要求開発理事として、Openthology ver2.0の開発リーダを務めている。
2009年3月までの3年間、内閣官房IT室GPMO補佐官として政府のIT化戦略・実施マネジメント(e-japan)に携わり、「予算主導型から提案主導型への変革」「要求開発による真の業務改革に基づくIT化」を目指したが、なかなか考えを啓蒙できず挫折感を感じていた。しかし、最後まで政府のIT化のあるべき姿を貫き通したことが自信に繋がっている。

(離の時代)

2008年7月7日、IT業界の改革を促進するために株式会社匠Labを設立。

2009年7月7日、株式会社匠BusinessPlaceを設立し、企業改革を主とするコンサル事業を立ち上げる。

書著

  • 要求開発の著書
    「要求開発、日経BP、共著」
  • モデリングの入門書
    「初歩のUMLモデリング、技術評論社」
  • HORBの楽しく苦しい時代の著書
    「HORBではじめるJava分散オブジェクトプログラミング、秀・和システム、共著」
  • オブジェクト指向に燃えた頃の著書
    「最新オブジェクト指向応用実践、エーアイ出版、共著」
  • 初めて書いた著書
    「やさしいJavaプログラミング、エーアイ出版」

その他書籍

  • インタビュー本
    「オンリーワンになるためのエンジニアプロ論、SE編集部、インタビュー記事」
  • インタビュー本
    「SEの読書術、技術評論社、インタビュー記事」
  • 監修本
    「成功する要求仕様 失敗する要求仕様、日経BP社 」
  • 監修本
    「JavaとUMLで学ぶオブジェクト指向の考え方 - オブジェクト指向分析・設計入門、翔泳社」

お勧めURL


浅海 智晴 株式会社 匠Lab フェロー
浅海 智晴(あさみ ともはる)

  • 日本Javaユーザーグループ副会長
  • edge2.cc主宰

TK-80

中学生の時に、自宅にあったTK-80で始めてコンピュータに触れる。TK-80、TK-80BS、PC-8001、PC-8801と8bit時代のマイコンで機械語のプログラミングを行う。

UNIX

大学時代にPDP-11上で動作するSystem IIIで始めてUNIXに触れる。売り出し中のC言語でLispインタープリタを開発。

1985年メーカーに入社し、UNIXのワークステーション、サーバの基本ソフトの開発に従事。UNIXワークステーション開発では、UNIXカーネルのファイル管理機能開発を担当。リアルタイム・システム向けに改造したUNIX上にCOBOL向けのデータ管理機能の開発などを行う。開発ツールとして、自作Lispインタープリタを作成し、UNIXカーネル・ダンプの解析ソフトなどを作る。

UNIXサーバ開発では、分散ファイルシステムやネーム・サービスの開発を担当。分散アプリケーションの黎明期を体験。Emacs Lispで色々な開発ツールを作る。

その後、オフコン向けのCORBA ORB開発、JMSメッセージング・ミドルウェア(MOM)開発に従事。

Java&XML&UML

1980年代後半からGNU G++でオブジェクト指向プログラミングを始める。1990年代前半から、業務(制御系システム開発)での適用を念頭にオブジェクト指向開発を調べ始める。Boochメソッド、OOSEと出会いオブジェクト指向開発の可能性に確信を持つ。

1995年にJava、1998年にXMLに出会う。

1998年からオープンソースのXML文書処理系SmartDocを開発。2000年からオープンソースのXML/JavaスキーマコンパイラRelaxerを開発。

2001年に独立、オブジェクト指向開発の教育、コンサルティングに従事。

2005年度から2007年度まで、稚内北星学園大学東京サテライト校教授。社会人学生向けにオブジェクト・モデリングのゼミを開講。

DSL駆動開発&クラウド&Scala

2008年度より、次世代技術としてDSL駆動開発とクラウド・コンピューティングをテーマに活動を始める。

Scala DSLベースのモデル・コンパイラSimpleModelerを開発中。

DSL駆動開発によるクラウド・アプリケーションの実証プロジェクトedge2.ccに参画。

現在の主力言語はScala。

書著

  • 上流工程UMLモデリング業務・要求分析からプログラミングへのモデル化技法(2008)
  • マインドマップではじめるモデリング講座(2008)
  • 特選とっさのJavaすぐに使える頻出フレーズ300 (2004)
  • XML/DOM Programming (2001)
  • XML SmartDoc公式リファレンスマニュアル(2002)
  • UML&Javaオブジェクト指向開発入門編-静的モデリングと動的モデリング(2002)
  • Relaxer Java/XMLによるWeb開発(2001)
  • やさしいUML入門- Javaオブジェクト・モデリング(2001)
  • Java Super Tipsオブジェクト指向設計編(2000)

プログラム

XML SmartDoc
XML SmartDocは、XMLで記述した文書からHTML、LaTeX、プレインテキストを生成する文書処理システム。開発言語はJava。
http://www.xmlsmartdoc.jp/
Relaxer
Relaxerは、XMLスキーマ言語RELAXで記述したスキーマから、Javaプログラム、W3C XML Schemaなどを生成するスキーマコンパイラ。開発言語はJava。
http://www.relaxer.jp/
SimpleModeler
SimpleModelerは、Scala DSLで記述したモデルから、Google App Engine/Java、Google App Engine/Python、Grails、クラス図、ステートマシーン図などを生成するモデル・コンパイラ。開発言語はScala。
http://code.google.com/p/simplemodeler/